韓国風イチゴ飴 タンフルの作り方!失敗するケースも紹介

韓国風イチゴ飴タンフル
タンフルの作り方は日本のイチゴ飴と違う?作り方&失敗事例を紹介します。

上野・アメ横で、本格的な韓国風フルーツ飴タンフルを展開しているベリームーン(BerryMoon)です。

最近、タンフルの人気が高いですね。先日放送された人気情報番組『シューイチ』でも、当店のタンフルが2024年注目のスイーツに選ばれました!

今回は、お家で簡単に作るタンフルのレシピーを紹介します。

イチゴ飴とタンフルの作り方は違う?

多くの方が「イチゴ飴とタンフルの作り方は違う?」と質問しますが、大きな違いはありません。

タンフルは、韓国風フルーツ飴であり、旬の生イチゴを使用し、フルーツの酸味と甘みを引き出す薄いコーティングが特徴なだけで、作り方には大差ないです。

韓国のタンフル、日本のイチゴ飴と何が違う?

タンフルを作るなら、生イチゴをおすすめする

冷凍のイチゴの使用はおすすめしません。できれば、生イチゴで作ってみてください。

その理由としては、

・フルーツが持つサクサクした食感がなくなる。

・水気を含んでいるため、作る過程で、しまりがなくなり、ぶよぶよした食感となる。

の2つが挙げられます。

タンフルの作り方

では、本格的なタンフルの作り方を見ていきましょう。

記事の最後に、インスタグラムに公開した画像付きのレシピーもあわせてチェックしてみてください!

※本レシピーは、お店での作り方とは違うので、韓国の有名レシピーサイト(1万個のレシピーさん)を参考に作成したので、ご理解ください!

①イチゴはきれいに洗って、ヘタを取り、水気をよく拭いてください。

②イチゴを串に刺してください。

③鍋に水と砂糖を入れ、中火で煮てください。この間、スプーンでかき混ぜたり触ったりしないでください(硬くなる可能性があります!)

④水飴の代わりに、イチゴを半分に切って入れてください。

⑤しばらく砂糖が溶けて沸騰し、大きな泡ができて小さくなり、グツグツと沸騰し始めたら火を弱めてください。

⑥シロップは約20分ほど煮ます(鍋による)

⑦ シロップに小さな泡が湧いてきたら、スプーンでシロップをすくってイチゴの上にかけてください。イチゴなど果汁が多いフルーツほど、短い時間でシロップをかけると良いです。

⑧十分に冷やしてお召し上がりください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

アメ横タンフル(@berrymoon_tokyo)がシェアした投稿

お家でタンフル、こんな失敗も

簡単そうですが、失敗するケースも多いようです。

主な失敗は、

・タンフルのシロップコーティングをスプーンで叩いても堅い音がしない。

・シロップの色が茶色になってしまった。

・ヘタをハサミで切ったら、甘味と酸味がなくなった。

・イチゴを入念に洗いすぎて、皮が剥けてしまった。

・洗い物など後始末が大変だった。

などがあります。

火傷に注意!

タンフルは、熱いシロップをフルーツにかけるため、火傷に注意が必要です。

お茶やコーヒー、汁物による火傷は、冷たい水に流すとある程度の応急処置はできますが、シロップの場合、皮膚に付着してしまうため、最悪の場合は、皮膚を剥がす治療を余儀なくされる危険性があります。

特にお子様と一緒に作る際は、要注意ですよ!

ベリームーンのタンフル

ベリームーンの信条!韓国のタンフルのように、旬の生イチゴにこだわり、季節ごとに変わる豊かな味わいをお楽しみいただきたい!

旬のフルーツは、管理が難しいかもしれませんが、本物の価値を大切にし、逆にそれがタンフルの真髄だと信じております。

それだけでなく、イチゴの大きさにも心を込めています。大きなイチゴが一つ一つ、その時期の美味しさを余すことなくお届けできるよう、細心の注意を払っています。

これからも日本中で、私たちのタンフルが新たなスイーツのスタンダードとなり、お客様に喜びと満足をお届けできることを心から願っています。

ベリームーン 基本情報

韓国風イチゴ飴タンフル&リンゴ飴専門店 ベリームーン(BerryMoon)

フルーツの甘味を最大限引き出した甘いフルーツ飴「タンフル」のベリームーン(BerryMoon)です。

ベリームーン本店

〒110-0005 東京都台東区上野4丁目8−7 アメ横センタービル 1-44号

営業字間 10時00分~21時00分 (定休日:第3水曜日)

ベリームーン 2号店

〒110-0005 東京都台東区上野4丁目7−8 アメ横センタービル 1階1号<

営業字間 10時00分~22時00分 (定休日:第3水曜日)

取材のご依頼について

GALLERY
ギャラリー

写真ギャラリー

Company
旬のフルーツとデザートで笑顔を届ける企業 - 株式会社スカイ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト