2024年スイーツトレンド!韓国風イチゴ飴「タンフル」店舗経営のノウハウついて

024年トレンドデザート!韓国風イチゴ飴「タンフル」店舗経営について

上野・アメ横で、本格的な韓国風フルーツ飴タンフルを展開しているベリームーン(BerryMoon)です。

最近、日本の各メディアでタンフルを取り上げる機会が増えております。そのおかげで、事業として興味を持つようになった方も多くなっています。

実際に「タンフル専門店を開きたい」「新メニューとして展開していきたい」「イベント会場で販売したい」という、お問い合わせや事業提案も増えております。

今回は、タンフルの専門店を経営したいと思っている方のために、その事業性について解説したいと思います。

タンフルとは

タンフルとは、イチゴやブドウ、ミカンなど、旬のフルーツを薄い飴でコーティングした韓国発祥のスイーツです。

元々「タンフル」は中国語の「糖葫蘆」から由来した名称で、中国では主に山楂(サンザシ)を使用した伝統菓子として親しまれているようです。

それが韓国に持ち込まれ、韓国流にアレンジされたことで人気が出たといわれています。

上述したように「タンフル」はフルーツ飴全般を指す名称ですが、韓国でもイチゴ飴が人気に火が付いたため「タンフル=イチゴ飴」というふうに認識されております。

日本でもかねてより、イチゴに飴コーティングをしたイチゴ飴が、お祭りの屋台などで販売され、馴染みを持つ方も少なくないと思います。

タンフルの味や作り方は、日本のイチゴ飴と大差ありませんが、韓国のタンフルは、

・日本とは違って、韓国ではフランチャイズシステムにより多店舗展開するチェーン店が非常に多い。

・冷凍イチゴを使用せず、旬のイチゴを使用するため、フルーツの酸味と甘みが堪能できる。

・薄い飴コーティングにより、パリパリした食感が楽しめる。

などの特徴が挙げられます。

日本でも今年大流行の兆し! 特に10代、20代の女性を中心にSNSで話題沸騰

近年空前のK-POPや韓国ドラマ、韓国グルメなどが世界的ば人気を博しておりますが、それは日本でも例外ではな「韓国で流行っているものは、日本でも流行る」という現象が起こっております。

タンフルも、韓国文化に憧れを抱く10代、20代の女性を中心にSNSで話題となっており、その可愛らしい見た目と、フルーツ本来の甘味と酸味を最大限に楽しめる味わいが人気を集めています。

この人気に各メディアも大注目!ベリームーンのタンフルは、2024年1月に放送された日本テレビの人気情報番組『シューイチ』の新春企画<2024年トレンドスイーツをガチ予想>で、2024年注目のスイーツに選ばれました!

日テレ系番組「シューイチ」の<2024年トレンドスイーツをガチ予想>の企画担当を務めた中丸さま(KAT-TUN)と記念撮影!

このように、タンフルは若い女性から支持されるスイーツとして基盤を固めており、今後日本でもタンフル専門店が急増し、スーパーマーケットやコンビニエンスストアでも気軽に購入できる冷凍タンフルも登場すると予想されています。

タンフルビジネスの課題

このように若者に支持されるスイーツとして脚光を浴びるタンフルですが、専門店経営にはいくつか課題も抱えております。

新鮮なフルーツの供給

タンフル専門店の成敗の鍵は、新鮮なフルーツの使用です。

もちろん、一度にたくさんのフルーツを仕入れ、冷凍保管するという手もありますが、季節ごとに変わる豊かな味わいを失う可能性があります。

フルーツは、産地や品種によって旬が異なり、また、天候や気温の影響を受けやすいため、安定した供給は容易ではありません。

運営ノウハウの不足

タンフルは、近年人気が高まっているメニューであるため、まだ検証された運営ノウハウが確立されておりません。それゆえ、店舗の運営に苦労するケースも少なくありません。

タンフルの製造・販売は、一見簡単そうに見えても、売れ残りが発生しやすく、フルーツの鮮度と衛生を考えると廃棄せざるを得ない場合も多いです。

スタッフの教育と管理も大きなコストがかかる

近年顕著化している飲食業界の人手不足問題。そして、スタッフの教育と管理も大きなコストがかかるという問題も抱えております。

高いマーケティングコスト

タンフルは、トレンドを意識したメニューであるため、マーケティング費用の高騰が課題となります。

また、競合店との差別化を図るために、積極的なマーケティング活動が求められます。

ベリームーンの強み

ベリームーン2号店の行列!

2016年以降、日本で本格的にフルーツデザート専門店を展開するベリームーンでは、タンフル店舗に適したインフラと運営ノウハウを積極的に蓄積してきました。

以下は、競合他社と比較して優位を占める、ベリームーンならではの強み5つをご紹介します。

1. 安定したフルーツのサプライチェーン

当社は長年にわたり生イチゴをはじめ各種フルーツの安定したサプライチェーンを確立しております。

2.スタッフの教育に手間がかからない

ベリームーンのスイーツの製造プロセスは非常にシンプルで、特別なスキルや経験がなくても、スタッフの教育を容易に行うことができます。

スタッフの教育に時間と費用がかからないため、経営者は店舗経営に集中できるというメリットが生まれます。

3.高い回転率

ベリームーンのスイーツはすでに作られた料理を陳列し、顧客に提供するスタイルです。これにより、迅速で効率的な経営が可能であり、高い回転率を実現しております。

4.運営ノーハウ

当社は、韓国で流行するスイーツ、デザート、グルメに特化した豊富な知識を有しています。これにより、パートナー様の経営においても最新のトレンドやノウハウを活用できます。

5.マーケティングノーハウ

当社は、ターゲットを絞ったマーケティング手法で、費用対効果が高い集客ノーハウを提供しております。

タンフル店舗経営について-まとめ

以上、タンフルの事業性と課題、そしてベリームーンの強みについてご紹介いたしました。

もしこの文章を読んでタンフル店舗経営に興味が沸いたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

ベリームーンの運営責任者カン・ソンホ
ベリームーンの運営責任者カン・ソンホ

店舗経営だけでなく、イベント会場での販売、お店でお客さまにデザートとして提供したいなど、様々なニーズに対応させていただいております!

お問い合わせはこちら

取材のご依頼について

GALLERY
ギャラリー

写真ギャラリー

Company
旬のフルーツとデザートで笑顔を届ける企業 - 株式会社スカイ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト